山本哲央くん(自転車)は帰宅部?出身中学校は?大学はどこへ?

こんにちは〜!!ネギです!!⭐️

本日も暑いですね!

暖かい空気に触れてなさすぎて、

地球はこんなに暖かくなれるんだと思ったほど。

暖かさが懐かしかったです笑

今年は猛暑になると聞きますが、北海道の長い冬を思うと、

あっという間に暑い日も過ぎ去るんでしょうから

楽しみたいと思います。

さて、素晴らしいニュースを耳にしたので、

調べてみることに!!

話題の男の子がこちら↓

かっこいいですね!!

この方、高校生らしいです。

そして、今とっても話題なんだとか。

なぜなら、自転車歴たったの10ヶ月で高校日本一になったから。

詳しく調べてみちゃいましょう!!

お顔がこちら!!

もうテレビに出てらっしゃったんですね( ^ω^ )

しかもマツコの番組!

それもあって、有名になっているんですね!

プロフィールと経歴

山本哲央

17歳。

韮崎高校の3年生。

高校に入学時に、自宅から韮崎高校までは片道10キロちょっとということで、

交通費を計算してみた。

3年間、電車で通うとすると、13万円かかる。

自転車は、9万円と自転車の方が安かったので、

ロードバイクを購入し、自転車通学をすることに。

通学するうちに自転車で走るのが楽しくなって、

本格的に取り組むようになったとのこと。

今回、一躍有名になったのは、

学校に自転車部がないので、帰宅部。

片道10キロの通学路を最初は30分を要していたが、

その後、通学時間は15分まで短縮。

友人から勧められて付近にある高校のロードバイクの合同練習に参加したり、

一人で練習をして、

10ヶ月後の3月に、第40回全国高校選抜自転車競技大会

のロードレース(77・7キロ)で単独出場をし、

初優勝という快挙を成し遂げた

という、とてつもない話が現実にあったため

大注目を浴びたというわけですね〜。

ロードレース本来はチーム戦ということで、

1人の山本君にとっては相当の不利になりますよね。

6月12日に行われた関東高等学校自馬競技大会では、

山本君は残り2周、得意の上りでスパートをかけたが、

他の選手は山本君を風よけ代わりに。

某高校はチームメイトが風よけ代わりになって、エースの体力を温存。

その作戦により、最終的に横浜高校のエースが1着を取り、

山本君は3位でした。

そのことから、1人で戦い抜けるような

圧倒的なスタミナをつけていきたいとしている。

一人でどんなトレーニングをしているか、気になりますよね!

本人は一人での練習は精神的にきつい時もあると言っています。

まずは、日々の自転車通学が練習になる。

平日の放課後には昇仙峡近くの登りのきつい道路を

1人で駆け上がる。

ほぼ毎日、標高約870メートルの金桜神社まで坂道を登っていく。

茅ケ岳の北東にある観音峠(標高約1390メートル)まで走ることもある。

本やネットを頼りにトレーニングメニューを立案。

雨の日でもカッパを着てペダルをこぐ。

自宅での鍛錬などを重ね、

その結果、上り坂に特化した選手となる。

境川自転車競技場での週末の合同練習では、

甲府工業高の早川誠司監督らの指導を受けているが、

監督の評価は「彗星(すいせい)のごとく出てきた選手。

昇仙峡のきつい山道で鍛えているため、とにかく登りが強い」。

とのこと。

ニュースでは、『弱虫ペダル』の小野田坂道に似ている、

というコメントも。

ストーリー的には、漫画のような感じですよね。

「弱虫ペダル」、ネギは読んだことありませんが、

山本選手の顔立ちも、似ていると話題らしかったので、

調べてみました!!↓

リアル弱虫ペダル?

う〜ん、メガネだからですかね。

激似ってほどでもありませんでした〜。

ってネギの感想ですけど。

今後の進路は??

高校3年生ということで、

今後の進路が気になります。

本人は、卒業後は大学に進学し、

ロードレースを極めたいとコメントしています。

ということは、ロードレースの強豪大学に行かれる可能性が高いですよね。

ロードレース🚴については全く無知なんで、

ちょっと調べてみると、大学生の自転車競技で、

全日本大学対抗選手権自転車競技大会というのがあるそうで、

そこでここ数年優勝しているのが、鹿島体育大学。

その前だと、日本大学が20年ぐらい連続で優勝していました。

ということは、鹿島体育大学や日本大学

に進学する可能性も高いですよね、きっと!!

東京オリンピックは3年後、

3年後は山本選手は20歳。

ちょうどいい年齢なのではないでしょうか。

卒業後は1人だけではなく、たくさんの指導を受け、

ますます強くなると思われますので、

オリンピックでの活躍がとても期待できます!

ちなみに山本君には既に用具提供のスポンサーがついているそうですよ!

すごいですよね。

楽天アフェリ



関連コンテンツ
この記事を読んだ人に人気の記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク