山田龍聖投手(高岡商)身長体重や性格は?出身中学はどこ?

こんにちは!!ネギです!!❤️

パリ旅行から帰ってきてから、

とくに何もしてませんが、

体重が落ちました٩( ‘ω’ )و

なぜでしょう〜。

旅行に行く前は、食べる量を減らしても、

走っても、筋トレしても、

さほど体重が変わらなかったのに。

不思議なものです。

でも、最近走ってない私に、旦那が、

走っていたのは、ダイエットだけではなくて、

健康のためでもあったんでしょ?

走りなさいって、言われたので、

確かに、健康のためにもランニング、

再開しようかなと思いました。

しかし、なぜ何も運動していなくて、

BMIで標準より太り気味の旦那に

走りなさいって言われないといけないのか、

少々カチンときますね〜。

渡ってた橋が揺れた時も、私の体重が重いからじゃない?

って言うんですよ〜💢

人をデブキャラにしたい旦那にご立腹です、思い出したら

イライラしてきたので、この辺でおしまい!

では、本題へ。

全国高校野球選手権富山大会の決勝にて

高岡商が8―2で高朋を下し、

2年ぶり18度目の甲子園出場を果たしましたね!!

最速148キロ左腕・山田龍聖(2年生)が完投。

高岡商が、49年ぶりに春夏連続の甲子園出場を達成!!

ということで、本日注目するのは、

山田龍聖選手です♪

山田龍聖投手とはどんな選手??

山田龍聖(やまだりゅうせい)

富山県氷見市出身

身長:182センチ

体重:76キロ

本格左腕。

最速148キロ

出身小学校:窪小学校

小学校時代に軟式野球を始める。

出身中学:氷見西條中学校

軟式野球部所属。

中学校卒業前には素質を見込まれ、

多くの高校から誘いを受けるも、

「昨夏の甲子園での試合が印象に残った」と

高岡商業高校に進学を決める。

ちなみに、中学時代の最速は133キロ。

1年時より控えとしてベンチ入り。

高岡商業高校入学時は、球速131キロ程度だったが、

1年夏に1日8時間以上走り込み、体力を強化。

冬場は、週に2〜3回筋トレで下半身を鍛え、

食事量も増やし、体重は5キロ増量。

監督は「秋よりたくましくなり、球威も増している。

ランナーを背負っても粘れるようになった」

とコメント。

しかし、マウンドに上がると「足がすくみ、打者が遠くに見える」と、

自らが話すように、課題は精神力と制球力。

課題はあるが、将来性は高い。早くも来秋ドラフト候補。

プロのスカウトからは、

「順調にいけば来年のドラフト上位候補」

「体つきがいい。素材としては

(富山商出身の左腕)森田駿哉(法政大3年)

よりも上」

と言われている。

今年の夏は、メンタルトレーニングも効果抜群だった。

毎日の練習後に全員が各ポジションに分かれ、

県大会優勝のシーンを再現。

マウンドで喜び合い、仮想のヒーローインタビューも。

練習で、3番・島村が本塁打を打った設定でコメントした事も。

島村も、「良いイメージを浮かべると、気持ちも楽になる。

思い切っていけます」とコメント。

強豪校のため、常に相手校にマークされる。

研究されながらの優勝に、吉田真監督は

「検索すれば(動画投稿サイトの)ユーチューブで投手の球筋も見られてしまう。

注目され続ける中、自分たちの力を出し切れました」

と涙を流して選手と喜び合っていた。

今後の山田選手の目標は、

2年生の間に145キロ、高校で150キロ。

甲子園では先発としての登板を目指す。

楽天アフェリ



関連コンテンツ
この記事を読んだ人に人気の記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク