植田拓(盛岡大付属)身長体重は?ドラフト評価、進路が気になる!

こんにちは〜ネギです!!( ◠‿◠ )

本日、無事に歯医者終了!

歯茎取られて来ました!笑

ドキドキしました〜が、すぐに終わったのでよかったです♪

普段は麻酔でドキドキしますが、

本日は、歯茎のことしか頭になく、麻酔とか

どうでもよかったです笑

歯茎は麻酔がかかっているので、

全く痛くないんですけど、

切られている感覚はあり、

細々切られた歯茎たちがスポンスポンと

あの吸い込む機会に吸い込まれていく音がして

なんだか気持ち悪かったです。

そんな試練を乗り越えた今は、痛みもなく

晴れ晴れした気持ちです。

これからランニングに行こうかなってくらい笑

そう、しばらくランニングさぼっている・・。

がんばりまーす。(⌒-⌒; )

さて、連日高校球児について調べております。

日課となっていますので、本日も!

本日は、甲子園行きの切符を手にした、

盛岡大付属高校から、

植田 拓選手!

植田 拓選手のプロフィール

植田 拓(うえだ・たく)中堅手

1999年5月10日生まれ

身長:165センチ

体重:75キロ

家族は母、兄。

右投げ右打ち

ポジション:外野手

出身地:大阪府貝塚市

貝塚中央小学校入学後、

1年生から野球を始める。

小学6年生からは貝塚リトルに所属。

貝塚第一中学校に進学後は、

貝塚シニアに所属。

錚々たる野球人を輩出している、名門クラブとして

有名です。

植田選手は中学3年生の時に

関西選抜に選ばれており、

台湾遠征も経験!

中学時代から名の知れた選手だったようです。

中学を卒業後は、

大阪府の高校には進学せず

岩手県の盛岡大付属高校に進学。

大阪府の高校は強豪揃いです。

野球のために、地方の高校に進学する人は

結構います。

貴重な高校時代ですから、

自分が活躍できそうな高校に行きたいですよね。

植田選手は、1年春の東北大会からベンチ入り。

165㎝という小柄な体格ですが、

なんと、背筋力は、驚異の240キロとのこと。

ネギは、自分の背筋力なんて、測定したことはありませんが、

240キロが凄まじいということは

わかります。

その他、ベンチプレスが100キロ

50メートル走が5秒9

遠投が120mという、

身体能力が非常に優れている選手であります。

高校2年秋終了時で、通算36本塁打を放っており、

小さな大砲という異名まで。

小柄でもここまでパワーヒッターになれるなんて

素晴らしいです。

才能のほかに、想像を超えた努力があるのだと思います。

昨年は、高田萌生(ドラフト2016巨人5位)や

山口裕次郎(ドラフト2016日ハム6位指名)から

本塁打を放つなど大物撃ちも。

植田選手の今後は??

本人は、プロ希望であることを公言しています。

しかし、スカウトからの評価が、見当たりません。

今まで、ホームランをたくさん打っていて、甲子園でも活躍している選手。

ですが、、

スカウトからの声が見当たらない・・。

今後は、ドラフトで指名されるのかどうか?

小柄でありながらプロで活躍できるのか?

注目して行きたいですね!

本人は、プロについて、

「卒業後はプロ1本しか考えてない。行きたいんじゃなくて、

絶対に行く。センバツでは清宮より多く打つのが目標」。

と強気なコメントも。

そのくらいの熱意がないと厳しい世界なんでしょうね。

平凡にパソコンカチャカチャしながら過ごしているネギとは

全然違いますね〜。

夢を持っていて、それを実現するために、毎日毎日

汗と涙を流しながら、一つのことに没頭する若者、、

良いですね。

ぜひ実現して欲しいものです!!

楽天アフェリ



関連コンテンツ
この記事を読んだ人に人気の記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク