大野健太役(新宿セブン)の俳優は誰?見習い鑑定士は中村倫也⁉︎

こんにちは〜!!ネギです( ^∀^)

本日は、フェイシャルエステへ〜♪

フェイシャルは、結婚式の前に

ちらっと行った以来でした♪

20代は、ケアをしている人も、

していない人も、そこまで差は出ないものの、

30代、40代になると、

差が出てくるから、今からのケアは大事ですよ〜

ですって(゚o゚;;

頑張らねば。未来の自分のために・・。笑

本日の話題

最近はクリスマスコフレの大調査をしていたのですが、

10月から秋ドラマがスタートしますね♪

ということで、久しぶりにドラマの話題を( ◠‿◠ )

「新宿セブン」

本日は、テレビ東京から、

ドラマ24「新宿セブン」を調査します♪

放送は、10月13日(金)深夜0時12分から( ◠‿◠ )

主演は、KAT-TUNの、上田竜也さんです!!

グループとしては、充電期間中ということで、

歌って踊る彼の姿は久しくみていないですが、

俳優としての彼をみるのも楽しみですね♪

ちなみに、主題歌も初めてソロとして担当するそうですよ。

充電期間中にソロでの活動も頑張って欲しいですね♪

原作とあらすじ

同ドラマは、『漫画ゴラクスペシャル』で連載中の漫画が原作です。

原作は観月昴・作画は、奥道則。

あらすじは、

東京・新宿歌舞伎町の質屋が舞台となります。

質屋の店主で抜群の鑑定眼を持つ、

主人公・七瀬(上田)が、

「物」の真贋を見極めると同時に、

依頼人の悩みや事件を解決、

様々なトラブルにも立ち向かう、

ヒューマンミステリードラマ。

主人公の七瀬の周りに登場する、

ひと癖もふた癖もある個性的で訳ありなキャラクターを演じる、

豪華出演者も決定しましたね♪

海外ロケも敢行しているとか。

「多国籍」「謎」「猥雑さ」を想起させる演出にこだわり、

知的好奇心をくすぐる鑑定品の情報をはさんでいるそう。

さらには、アクションシーンもふんだんに取り入れていくみたいです。

なんと、主演の上田さんは、ボクシング歴10年以上!

ということで、アクションについて、上田さんは、

「すごく楽しみですね。自分の気持ちとしてはガンガンやっていきたいです!

どんな要望にも応えようと思いますし、やりがいがあります」

とコメントしています。

また、「七瀬は、自分よりもうちょっと体格がいい役なので、

監督にも言われて、体重を増量しようかと考えています」。

と言っていますので、

新たな上田さんが見れそうですね!

他キャスト

・ある出来事をきっかけに七瀬の下で鑑定士見習いとして働く

 大野健太役に、中村倫也

・七瀬と健太の前に現れる、記憶喪失の謎の女性・

 水月華役に、大野いと。

・七瀬とは旧知の仲で、七瀬らが足しげく通うコリアンバー

 「エルドラド」のママ・宝生エリカ役野波麻帆

・「エルドラド」の従業員・楓役工藤綾乃

・歌舞伎町を仕切るマフィアのボス・王(わん)役嶋田久作

・歌舞伎町を見回る新宿西署の刑事で、

目的の為なら手段を選ばない近藤昭人役田中哲司

・七瀬らが常連として通う餃子屋店主・シノブ役夏木マリ

大野健太役中村倫也って??

中村 倫也(なかむら ともや)

1986年12月24日生まれ

旧芸名は中村 友也(なかむら ともや)

170㎝。

A型。

東京都出身

トップコート所属。

趣味:散歩・写真撮影・サッカー・クラシック・ジャズ。

ペットは、ハムスターと古代魚ポリプテルスを飼っている。

二人兄弟の次男。

日本酒が好き。

嫌いな食べ物:しいたけ。

俳優デビューのきっかけは、

高校1年生のときに所属事務所からのスカウト。

中村倫也さんの経歴

高校1年から事務所に所属し、

芸歴も長いのですが、

正直、今まで存じ上げませんでした💦

調べてみると、今までに沢山の作品に出演しておりました。

まずは、映画から。↓

映画デビューは、

2005年 「七人の弔」  河原潤平 役

その後は数多くの作品に出演し、

これから公開予定の作品も。↓

2017年10月28公開予定

「先生!、、、好きになってもいいですか?」 関矢正人 役

2018年公開予定

「伊藤くん A to E 」 久住健太郎 役

2018年5月12日公開予定

「孤狼の血」 永川恭二 役

ドラマのデビューは

2005年

「H2 〜君といた日々〜」 島オサム 役

その後も沢山のドラマに出演し、

今年は、

「100万円の女たち」 花木ゆず役

「伊藤くん A to E」  久住健太郎 役

などに出演しました。

その他、舞台でも2006年から沢山の

作品に出演し、最近では主演もこなしています。

最後に

今回のドラマ出演について、

雑多な色んなクセモノがいっぱい出てくる歌舞伎町という街が舞台で、

みんなひと癖もふた癖もあって、

その中でわりと視聴者の窓口になるというか、

普通の人という役割なんですけど、

それだけだと面白くないなと思って。

健太も健太なりのひと癖ふた癖、みんな生きていればあると思うので、

それを探しながら、面白おかしくできたらいいなと思ってます。

と意気込んでいます♪

どんな演技を見せてくれるのか

楽しみですね♪

楽天アフェリ



関連コンテンツ
この記事を読んだ人に人気の記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク