丸山和都(前橋育英)の身長体重は?ドラフト評価や中学時代も!

こんにちは〜!!ネギです🌟

今日も暑い!!家の中でも汗をかく!!(ーー;)

クーラーつけないからだけども!

夕方に外出ると、外の方が涼しい!笑

窓開けろよって感じだけど、

網戸に隙間があって、虫が入るのだ。

北海道は、お昼に暑くても、夜には涼しいことの方が

多いので、嬉しいです。

北海道だな〜って、そんなところも好きなんです♪

ネギは、今までいろんな国に、旅行したり、

ちょっと滞在したり、住んでみたり、

しましたけど、どこの国も地域も

ずっと住みたいとは思いませんでした。

なんだろう、その国に住んで、深いところまで

知らなくてもいいな〜って思うんです。

ハワイだって、私にとって極楽、楽園であってほしい。

住んでしまって、ハワイを自分の中のリアルにしたくない。

ホームレスがたくさんいて、

物価が高くて、貯金出来ない、生活大変。

案外犯罪も多くて、

そんなハワイの現実、日常を味わうことは求めていない。

日本で生きてきて、日本の常識の中で育ってきて、

日本に居ることが普通で、自分に合ってるし、

落ち着く。食べ物も。

日本というか、北海道、

というか、札幌だけど。

ただ、海外旅行は大好き!

いろんな世界を広く浅く見てみたい。

人生1度だし、全部深く知る余裕もなさそう。

さて、本題へ〜( ^∀^)

今回は、最速144キロのプロ注目左腕、

前橋育英の丸山和都選手について

調べていきますよ〜♪

丸山和都選手の経歴!

丸山和郁(まるやま かずや)

生年月日:1999年7月18日

星座:蟹座

出身地:群馬県高崎市

出身中学:倉渕中学校

身長:171センチ

体重:72キロ

血液型:B型

ポジション:中堅手、投手

左投・左打

50メートル走:5秒9

身体能力の高さがうかがえますね。

小学校1年生から軟式野球を始める。

中学校でも、軟式野球部に所属。

2017年ドラフト候補。

170センチと小柄ながら最速144キロのストレート、

スカウトが語る丸山和都選手!

また打者としても結果を残しており、

高い身体能力をスカウトに評価されています。

山梨学院、吉田監督も、大注目の期待の左腕の一人なんだそう。

「前橋育英は、自分が関東に来た2013年夏に優勝した強いチームという印象。

中でも丸山(和都)選手はいいですね」。

「試合の映像を見たが技術というよりその存在感でチームの色をつけているという感じ」。

とコメント。

171センチ、72キロと決して恵まれた体格とは言えないものの。

1番打者で中堅手兼投手という高い能力に警戒を強めているようです。

前橋育英の荒井監督も「彼が投打にカギを握る存在です」と

活躍を期待されている選手です。

本日、お昼のニュースで、開会式の様子を見ました♪

始まりましたね〜!

どんな時でも全力でプレーする高校球児に

今年も涙する大人がたくさん居るんでしょうね( ^∀^)

丸山選手の活躍も必見です!!

高校野球の注目選手はこちらから

〇●◎ 活躍中の高校球児情報を見る! ◎●〇

楽天アフェリ



関連コンテンツ
この記事を読んだ人に人気の記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク