カンナさーん!(ドラマ)あらすじは?その他キャストは誰⁉︎

こんにちはネギです。

今日は近所のスーパーでお花が安く売っていたので、

ハッピーです。

早速リビングに飾って癒されております。

さて、最近は夏放送のドラマが続々決まってきましたね。

本日は、その中でも、

TBS系の火曜22時枠で7月から放送の、

「カンナさーん!」のあらすじや

キャストについて、

調べていきますよ!!( ^ω^ )

かんなさーん!のあらすじ

深谷かほるの人気漫画をドラマ化。

「イケメンだけど“マザコン&ゲス”な夫…
泣き虫で甘えん坊の4歳の息子。
家事・子育てをこなしつつ、
ファッションデザイナー業の両立…。

しかし!どんな困難だって愛と勇気で乗り越える!
ポジティブでファッショナブル。
そして何よりハッピーなスーパー主婦が登場!」

2001年〜2007年に、YOU(集英社)にて連載された同作。

パワフルで豪快、思い込んだら一直線な主人公・鈴木カンナが、

自由奔放なダメ夫と姑、理不尽な会社の上司などに振りまわされ、

様々な問題と直面しながら、仕事と育児をこなし、

ハッピーに生きるシングルマザーの姿が描かれ人気を博した。

「いつか自分のデザインした服を世界中に広めたい。」

カンナはそんな夢を持ちながら厳しい仕事にも

家族の笑顔を支えに生きていた。

すばらしいですね。

原作では、破天荒なファッションで、なかなか会社の人に受け入れてもらえず

苦労するらしいですけど。

どんなファッションをデザインするのか、ネギもファッション大好きなので、

ドラマをみるのが楽しみです。

そんなカンナさん、ある日、夫の礼が学生時代の元カノと

不倫していたことを知ってしまいます。

夫は「仕事が忙しくて出張」と偽り、元カノと何度も会っていたとか。

そして、息子の誕生日を忘れることも。

悲しいです。なんだかネギまで悲しい気持ちになります。

カンナは、本当は一緒に居たかったけど、

浮気を許せず、夫に別れを切り出しました。

えぇ、それでいいと思います。٩( ‘ω’ )و

自分一人で愛する息子を育てていこうと決意する。

強い母!

並の女の人であれば頭を抱え込んじゃうような悩みが

次から次へと…。

それを“カンナイズム”で乗り越えていく様が、爽快で圧巻なのです!

カンナさーん!のキャストは?

主役の「鈴木カンナ」を演じるのは、

インスタグラムフォロワー数日本一の渡辺直美さん!!

ファッションデザイナーでありながら

家事と子育てをこなす“スーパー主婦”を

演じることになった渡辺直美さんは、

「カンナさんはめちゃくちゃパワフル。

私の持っているパワフルの5倍くらいパワフルなので、

さらにその5倍パワフルに演じようと気合いが入ります!」とコメントしています。

渡辺直美さんもパワフルに見えますけどね。

5倍パワフルな演技が楽しみです٩( ‘ω’ )و

ちなみにカンナさんの旧姓は河東さん。

「麗音(レオン)」

カンナさんの息子で4歳の男の子。

あだ名はレオ。

キャストはまだ決まっておりません。

決まり次第追加させていただきます。

4歳の男の子の子役かわいいんだろうな( ^ω^ )

「鈴木礼」

カンナの夫でCG制作会社を起業した天才クリエーター。

キャストはこちらも未定。

決まり次第追加させていただきます。

不倫をきっかけに妻のカンナと息子と離れて

生活をすることになる。

離婚後はカンナと微妙な距離感となる。

(追記6/12)

(他キャストが決定しました!

アパレル会社の同僚に

トリンドル玲奈。
カンナと礼の一人息子、麗音は、

川原瑛都。
麗音が通う保育園の園長に

朝加真由美。

礼の父親には遠山俊也。

となりました!)

原作の深谷かほるさんは、

「連載中から、万一実写化するなら渡辺さんしかいない

と言ってました。渡辺さんのビジュアルのみならず、

ラジオのお喋りで、その思慮深さや優しさに感動しておりました。

なので今回も、私から要望したんです! 夢が叶って嬉しいです。」

とのこと!

原作者が要望したキャストということで、

間違いなし!ですね( ^ω^ )

ファッションデザイナーで家事と育児をこなすという役は、

私、ネギもとても気になります!

というのも、ネギは将来、自分が着たいお洋服をデザインして

作りたいという夢を持っています。

放送が待ち遠しいで〜す٩( ᐛ )و♪

そんな主演の渡辺直美さんのスペシャルインタビューが

載っていましたので、貼り付けておきます。

気合いがはいっておりますね。

楽天アフェリ



関連コンテンツ
この記事を読んだ人に人気の記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク