金持(かなじ)義和(水泳)障害の原因は?年齢や性格が気になる!

こんにちは〜!!ネギです!⭐️

フランス旅行が間近になってきました!

天気予報を見ると連日雨^^;

自転車のツアーとか、蚤の市とか

楽しみなんだけどな〜。

今日のパリは30度超えてるのに、

ネギが行く時は毎日20度前半で、朝夜は12度とからしい。

パリに滞在中の期間は、北海道は暖かいようで。

なんとも言えない。

考えていた服装や靴が予定変更になりそうです。

荷造りが大変〜(^◇^;)

さて、先にデフリンピックについて調べたんですけど、

関連記事:デフリンピックとパラリンピックの違いは⁉︎開催日程(2017年)はいつ?

土曜日にデフリンピック特集があり、

背泳ぎの選手がピックアップされるようなので、

調べてみました♪

放送は、

7月8日(土) [Eテレ] 午後8時45分~9時です!!

再放送もあり、7月14日(金) [Eテレ] 午後0時45分~となります。

今週のデフリンピック特集は競泳背泳ぎの金持義和さんでした!!

金持義和さんってどんな人?

ブルガリアで行われた前回のデフリンピックでは

金メダル1個と銀メダル2個を獲得するなど、大活躍しました。

金持(かなじ)義和

1994年2月13日生まれの23歳

佐賀県出身

168センチ

大阪体育大学水上競技部に所属

現在は同大大学院でバイオメカニクスを学んでいる。

エイベックス所属(avex challenged athletes)

経歴

水泳教室のコーチだった母のカツコさんに連れられて、生後8カ月でプールデビュー。

1歳の時、髄膜炎にかかり左耳の聴覚を失う。

右耳も徐々に聞こえなくなり、6歳の時には右耳もほぼ聞こえなくなった。

周囲から特別な視線も感じたがプールは違った。

「人前では緊張するけど、プールだと緊張しない。居場所はプール」だと感じたそう。

耳が聞こえないけれど、健常者と競い合う。

スタートの号砲は聞こえなくても、

隣選手の反応を敏感に察知出来たんだとか。

県内では小中高と敵なし状態が続く。

高校時代にはインターハイに出場、

大阪体育大進学後は週6日、競技にのめり込む。

2013年、ブルガリアで行われた前回のデフリンピックでは

日本人初となる世界新記録、背泳ぎ50メートルを27秒68で

金メダル1個と銀メダル2個を獲得。

2015年の第4回 世界ろう者選手権大会 では、

金メダル 獲得し大活躍しました。

金持選手は障害のために子供の頃から内気な性格だったが、

自分を変えるきっかけとなったのがデフリンピックの存在。

前回大会の50メートル決勝前日、腹痛に襲われたが、

母カツコさんから“特効薬”となる大嫌いな梅干しを

嫌々ながら3個食べさせられ、その後回復して世界新を樹立した。

というエピソードがある。

その時以来、一切口にしてないらしいが、

今回も嫌だけども持って行くと言っております。

息子が嫌いな食べ物を無理やり3個も食べさせるなんて、

母親強しですね。そして愛を感じます。

梅干しは腹痛に良いんだってのをネギは初めて知りました( ^ω^ )

これからの金持選手

金持選手は、小柄だが高校まで得意のバサロを武器に健常者と戦ってきた誇りがある。

「夢は健常者の日本選手権に出場すること。

標準記録が上がっているので今の記録では出場できない。

健常者と戦ってきたからこそ、そういった大会の価値を感じるし、

なんとかそのレベルまで自分を持っていきたい」。

とコメントしています。

ちなみに、こちらの新聞記事

↓金持選手が、投稿したら採用されたようです。

勉強になりました。

気をつけたいと思います。

それでは、今年のデフリンピックで、

金持選手を応援しましょ〜( ^ω^ )♪

楽天アフェリ



関連コンテンツ
この記事を読んだ人に人気の記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク