市川睦投手(二松学舎大付)身長体重は?中学時代やドラフト評価も!

こんにちは〜( ^∀^)ネギです!!❤️

なんだか最近、お腹がずっとゆるいんですけど、

原因が思いつきません!

汚い話ですみません💔💧

5日間くらい続いております。

食事もお腹を気にしたメニューにしているのですが・・。

なんだか最近体が変ですね〜。

具合悪いとかってわけではないんですけど、

なんか変です。

あ〜、わが町にも酵素風呂があればな〜通いたいんだけどな〜。

田舎すぎて、、

酵素風呂入っておけば無敵な気になれるんだよな〜笑

はい、では、本日も!!

高校野球の話題でいきたいと思います♪

今回注目するのは〜、、

全国高校野球選手権東東京大会の決勝にて

9―1で、東海大高輪台を下した、

二松学舎大付より、

巨人ドラフト6位・大江竜聖から背番号1を受け継いだ

左腕・市川睦選手です!!

3安打1失点で3試合連続の完投しましたね。

大江が1年生で出場した14年以来、

2度目の夏の聖地へ!!

3回までに8点の援護を受けた市川選手。

途中まで緊張していたようですが、、

5回に左の靴紐が切れたのをきっかけに、

周りが見えて楽になったそう。

直球は終盤でも140キロ前後。

監督も「本当のエースになってくれた」と

成長ぶりをたたえ、喜びました。

本人も、「夢のような感じ」と目に

嬉し涙を浮かべながら、

喜びを噛み締めてましたね♪

おめでとうございます♪

市川睦投手ってどんな選手??

市川 睦(いちかわ あつし)

身長:182センチ

体重:83キロ

投手兼外野手

スライダー・カーブ・チェンジ

左左

マックス143キロ

市川投手のこれまで

小学校1年の頃より軟式野球を始める。

旭丘中学校時代には、練馬中央シニアに所属。

二松学舎大付入学すると、

1年時から右翼手でレギュラーに。

夏の予選全2試合では7番・右翼スタメン。

秋には3番・中堅で都大会準優勝を経験。

この時期の測定では、

一塁到達タイムが、4.2秒前後。

2年夏の予選には4番打者(ライト)を任される。

秋には新チームで主戦の座を掴む。

しかし、3年になった、

今春の都大会・日大三戦(準々決勝)で先発し、

1―16で5回コールド負け。

弱気な投球をした市川に大江から「強気で攻めろ」と連絡が来た。

182センチで78キロで手足が長く、

なで肩と、投手として理想的な体型であったが、

なかなか球速が上がらず、苦しんでいた。

大会後から大江選手に少しでも近づきたいと、

体づくり、肉体改造に励み、球速増の着手に。

市原勝人監督とも、

「身長182センチ―100=82キロ」にすると約束をした。

また、「増えなければ『1』は渡さない」とも言われた。

どんぶり飯は、3杯から4杯に変更。

ウェートトレも2倍の2時間にし、

約2か月で体重が、75キロから8キロ増え、

83キロになった。

球速も13キロ上がり、

143キロをマークするまでに変わった。

恵まれた素質をパフォーマンスで表現できるようになってきましたね。

被安打率6.23

奪三振率10.73

四死球率1.04

打ち損じもあるが、振り切るスイングで弾き返す左の好打者です。

気になる今後ですが、

いまのところ、プロのスカウト陣からの

コメントが見当たりませんでした。

伸び代がありそうですし、

プロという話も出てきそうですが、、

この夏の活躍にかかってきそうです!!

注目して見ていきましょう♪

楽天アフェリ



関連コンテンツ
この記事を読んだ人に人気の記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク