赤平竜太(青森山田)出身中学は?身長体重や進路が気になる!

こんにちは〜ネギです( ͡° ͜ʖ ͡°)🌟

毎日、毎日、

朝、昼、晩、お弁当

献立が悩ましいですね。

実家の母が昔から今日なに作ろうって

よく言ってたのを思い出します。

その気持ちがわかるように。

マンネリ化したくないけど、同じようなメニューの

ルーティン化。

頑張らねば〜。仕事が見つかるまでは

いろんな料理を試して色々作れるようになって

おきたいと思いながら、なんやかんやめんどくさくなって

いつも通りのを作ってしまい、

レパートリーが増えない。

は〜。これは頑張るしかない!強い気持ちが必要だ。

今興味があるのが煮魚。

お肉に偏っているので、お魚を摂取したい。

お魚といえばお刺身ばかりになってしまうので

お魚料理を今年はマスターしたいものです。

はい、毎日の日課であります、

高校野球。

本日の話題は、、

青森山田が2009年以来、8年ぶりの夏の甲子園出場を決めましたね!!

兜森崇朗監督は「もともと甲子園なんて口に出せるチームではなかったので、

選手たちの成長に驚いている。きょうは持てる力を発揮し、

100点だと思う」と話していました。

そ、そんな、甲子園と口に出せるチームではなかったという事に

驚きです。これは監督も嬉しいでしょうね( ´∀`)

この試合で目立っていたのが、

赤平竜太選手。

7回、赤平選手の犠牲フライで3対2と勝ち越し、

9回には一塁二塁のチャンスで再び赤平選手が

2点タイムリーツーベースヒットを打ってリードを広げました。

そんな赤平選手を調べてみましょう!!!

赤平くんはどんな選手??

赤平竜太(あかひらりゅうた)

2000年生まれ

17歳

青森山田高校2年生

背番号:19

出身中学:青森県 青森市立浦町中学校

所属:青森山田リトルシニア

ポジション:内野手

2015年、中学3年生時には、

リトルシニア全国選抜野球大会にて、ベスト8。

さらに、リトルシニア日本選手権大会でも、ベスト8。

中学時代から活躍されている選手なんですね。

順調な野球生活を送ってきた赤平選手ですが、

今年の4月上旬に、腰骨の疲労骨折が判明してしまいます。

そのことから、6月上旬までの約2か月もの間、練習ができなかったそう。

「夏には出る」という気合いで、回復。

腰の負担を減らすために、でん部や太ももの筋力を付け、リハビリと筋力強化を並行。

今月上旬の大会直前には背番号19をもらえるまでに。

筋力強化のおかげで、「今は腰も痛くないし、うまく下半身が使えるようになった」

と嬉しいコメント。よかったですね( ´∀`)

準決勝の八戸工大戦では、最速152キロを誇る

相手エース・古屋敷匠真から左越えの3点先制本塁打。

決勝戦でも先制、勝ち越し、ダメ押し打で合計4打点の活躍。

3番打者を任される絶好調のクラッチヒッター。

なんと、準決勝と決勝で青森山田が奪った10得点のうち、

7得点が赤平選手のバットから生まれているんですね。

この絶好調のまま、甲子園までいってほしいものです。

青森山田の命運を握っていると言っても過言ではない存在といえます。

2年生ということで、まだまだこれからですね( ´∀`)

4月上旬に負った腰骨の疲労骨折から

完全復帰、むしろパワーアップして戻ってきた

赤平選手の活躍から目が離せない!!( ´∀`)

楽天アフェリ



関連コンテンツ
この記事を読んだ人に人気の記事はこちら!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク